話題の猫ゲー、STRAYをプレイ。

※ネタバレはありません。

結構前からずっと欲しいものリストに入っていたこの作品。
やっと発売で、0時までスタンバっていたらまさかの朝からDL開始という...。

というわけでSTRAYをプレイ。
九龍城をモチーフとしたサイバーパンクな街で、
ロボットの住人に囲まれながら自由気ままな猫ライフ!

...と思いきや、しっかりダークでちょっとグロテスクなアクションアドベンチャーを楽しめる作品で面白かったです。


まず街の雰囲気が良すぎる。

サイバーパンクな街、というにはかなり退廃的というかネオンは少なめでまたそこが良い味を出しています。
(明るい街もある)
人がいた痕跡はありつつもそこで暮らすのはロボットだけという不思議な街。
住人もユーモアがあって良いです。

そして猫の解像度がとても高いらしい。
猫を飼っている方なら思わず唸ってしまうくらい猫の動きにこだわって作られているようです。
鳴いたり、スリスリしたり、眠ったり、飛んだり、引っ掻いたり...
猫を飼っていない私でもリアルだなぁと感じるのですから相当ですね。
鳴き声可愛くて鳴きまくることうけあい。
(ついでトロフィーももらえる)
動きに対して細かいハプティックフィードバックがあり、特に眠るとまるで猫が手の中にいるように呼吸を感じられるのに驚きました。

あとは爪研ぎもアダプティブトリガーのおかげでリアルです。爪が引っかかる感じの重さとか、体験しないとわからない凄さ。
何もなくともとりあえず研げる場所があれば意味もなく研いでしまう。

時にはDJ気分も。(ついでにトロフィーももらえる)


ゲームプレイに関してはとても親切な印象。
ギミックも猫であることを活かしたものがほとんどで、操作も簡単。
チュートリアルも丁寧で、特に鳴くとそれに呼応して道筋が浮かび上がるのはとても面白い。
高いところへ登っても落ちることはなく、安心してプレイできます。
狭い足場から足場へひょいひょいとワンボタンで軽快に動くのは結構クセになる感覚ですね。
思わずビリヤード台に飛び乗り好き勝手もできます。

麻雀やっているテーブルに飛び込んでみたりとかもとても気持ちいいですよ。(ついでにトロフィーももらえる)
最初は道が無いように見えてウロウロすることもありますが、慣れてくると次はどう進めばいいかが猫視点でわかるようになってくるのもとても面白い。

ゆっくり5時間程度でクリアしました。
思いのほか探索要素が面白くて寄り道しまくる。
主人公が猫ならではの「え、そこいけるの!?」という場所があって、しっかりそこに収集物が用意してあったりします。
ストーリーは賛否ありますが、個人的にはとても楽しめました。
サブスクなら無料で遊べるタイトルですが、
よくあるインディゲーのような雰囲気だけのものでなくしっかりと作り込まれた作品という印象。
前述した“自由気ままな猫ライフ”みたいなのを期待すると確かに衝撃を受けるでしょうね。
ただ、もしそうだったとしたらそれこそ雰囲気だけのただのインディゲーに成り下がっていたでしょう。
猫に癒されるだけでなく、スリリングな要素もあっていいバランスだと思います。
とにかく新鮮で面白いゲームでした。
今作はチャプター形式でしたが、
終わってももっとこの主人公の猫と冒険したいなと思える良い作品でした。
次回作があれば嬉しいなぁ。