ちょっと箱根へ その1

連休がありましたので箱根へ行ってきました。
本格的なお盆休み前だったので道の混み具合もそこそこ。
まずやってきたのは山の中の隠れ家的なお店、
甘酒茶屋さん

歴史あるお店で、
明治時代には浮世絵にも描かれているそうですよ。
佇まいも雰囲気があってとても良いです。




囲炉裏から煙が上がっていました。いぶしですかね。

こちらではお店の名前にもなっている甘酒をいただきます。

冷やし甘酒。
砂糖を使っていない米麹由来の自然な甘さはとても素朴で味わい深いです。
きっとここでしか飲めないのでしょうね、とても美味しいです。
写真を撮るのを忘れましたが力餅もいただきました。
備長炭でふっくらと焼かれたお餅はとても柔らかくてこれまた美味しい。
うぐいす(きなこ)と数量限定の黒胡麻をいただきました。
贅沢な朝ごはん。

腹ごしらえをしたら今回の旅の目的である場所へ。
芦ノ湖畔。

こちら、箱根神社です。

来てみたかったんですよね。




あいにくの天気でしたが、綺麗な場所です。

結構人がたくさんいましたね。




龍がいっぱい。九頭龍に因んでですかね。
口から出ている水を汲んでいる方が結構いました。
龍神水というもので願いが成就する御利益があるそうです。
立派な杉は標準域の広角では入りきらないほどの高さと迫力でした。




苔がたくさんついた貫禄のある狛犬がたまりません。



九頭龍神社の天井に龍の墨絵がありました。
迫力があって素晴らしい。

伺った日が、もっと言うとそのまさに午前中が
蜂の巣の撤去ということで見たかった平和の鳥居が見られなかったのが心残りです。

今回はこの辺で。