もう少し栃木。

大谷資料館のあとは近くの大谷寺さんへ。
f:id:applekat:20211026205201j:plain
こちらには石を削って作った千手観音様がいらっしゃいます。

本当にどうなってるんだこれというような石にめり込むように作られた本堂がすごい。
f:id:applekat:20211026205312j:plain

千手観音様は御本尊のため撮影は禁止です。
本当に岩の壁面に彫られたと言うには立体的すぎるくらいの観音様が本当にすごかった。
これは一度拝んでおきたい素晴らしさです。
そこから横に進むとさらに石仏があり、どれも迫力のあるものとなっています。

外も岩の壁に囲まれています。
f:id:applekat:20211026205728j:plain:w300

苔むした感じが良いですね。
f:id:applekat:20211026205830j:plain

これは弁天様が祀られた池。
f:id:applekat:20211026205909j:plain
ここには白蛇様がいて、頭を撫でるとご利益があるそうです。
f:id:applekat:20211026210056j:plain
f:id:applekat:20211026210053j:plain

奥は登山口となっていて登れるようですが、この日は閉まっていました。
f:id:applekat:20211026210130j:plain:w300

大谷寺から歩いてすぐに平和観音があります。
f:id:applekat:20211027004035j:plain:w300

すごい大きいです。迫力がある。
f:id:applekat:20211027003947j:plain:w300

で、そこから少し移動。
やってきたのは二荒山神社です。
f:id:applekat:20211027004422j:plain

山道の階段がすごい。
f:id:applekat:20211027004444j:plain:w300

参拝をして御朱印をいただきました。
f:id:applekat:20211027004558j:plain

境内は広く綺麗でゆっくり見て周りたかったのですが、
運がいいのか悪いのか、TVのロケが来ていてとてもゆっくりできそうにありませんでしたので
そそくさと退散しました。
うーん、残念。
f:id:applekat:20211027004754j:plain:w300


微妙な天気の中でしたが、何はともあれ久々にちょっと出掛けることができたこと自体が良かったですね。
こんな時にZ7のコンパクトさは本当に良いです。
今回は24-70mmf4を多用しましたが、これもかなり小さく使い勝手が最高。
純正Z 24-120mmf4の噂も出ていてかなりそそられます。
使えば使うほど改めてZマウントの優秀さが分かってきますね。困る。

これからも充分に気を付けながらぼちぼち出掛けていこうと思います。

数年ぶりに大谷資料館へ行く。

緊急事態宣言が解除されてしばらく経ちます。
出掛けようと思ってもなかなか踏ん切りがつかなくて
相変わらずステイホームしていたのですが、
急に思い立って出掛けてきました。
しかも何故か曇りの天気の日に。

f:id:applekat:20211020204209j:plain

はい、ということでまずやってきたのは大谷資料館。
古くは石切場であった場所ですが、内部のダンジョン的な景観が有名な観光スポットですね。同時に写真スポットでもあります。

f:id:applekat:20211020205010j:plain
外も相変わらずすごい。

数年前に一度来たことがありますが、
その時に持っていたカメラがSIGMA DP2Xというこの場所を撮るには高難易度なカメラでした。笑。
今回はDf...ではなくまたZ7を持ち出しての撮影。
中が暗いため手ブレ補正があると助かるかもしれないことと、おそらくライブビューを多用することになると思い、Z7をチョイスした次第です。

f:id:applekat:20211020204941j:plain:w300
こちらがダンジョンの入り口。
ちなみに入口から中への階段や通路は狭いので撮影禁止になっています。

中に入ってみると幻想的な空間が。
これは天井に開けられた穴。
f:id:applekat:20211020204916j:plain
外の明かりが少しだけ確認できますね。

所々美術館的な使われ方をしています。
f:id:applekat:20211021211610j:plain
どちらも人間の形をしている...ちょっと怖い。

高画素数のボディに24-70mmf4という別に明るくもないレンズということで結構心配でした。
f:id:applekat:20211021211726j:plain:w300
いざ撮ってみると普通に撮れてしまってびっくり。
実際中はもっと暗いのでISOをオートで撮っていますが十分すぎるくらい写ります。
そして狙い通り手ぶれ補正にはとても助けられる。


f:id:applekat:20211021212044j:plain
f:id:applekat:20211021212322j:plain
こちらは有名な假屋崎省吾さんの作品みたいです。
2019年にこちらで個展を開かれた際の作品を寄贈されたとのこと。
別の場所にもまた作品が展示されておりました。

非日常的な空間は圧倒されます。


f:id:applekat:20211021212416j:plain
f:id:applekat:20211021212519j:plain
f:id:applekat:20211021212618j:plain:w300

石には切削跡が残っていて面白いですね。


f:id:applekat:20211021212718j:plain
f:id:applekat:20211021212721j:plain
このあたりはZ7ならではの緻密な描写が活きてきますね。Dfではこうはいかないかもしれません。

LEDではなく、電球の灯りなのもこの雰囲気を出すのに一役買っているように感じます。
f:id:applekat:20211021212814j:plain


あとはダンジョンっぽい写真。
f:id:applekat:20211022200439j:plain
f:id:applekat:20211022201016j:plain


f:id:applekat:20211022200630j:plain:w300
f:id:applekat:20211023203305j:plain

なんというかとてもフォトジェニックだなと言うしかないような、語彙力がなくなるくらいどこを撮っても画になる場所です。


f:id:applekat:20211023203415j:plain
f:id:applekat:20211022200822j:plain


特別感のある場所なので色々な撮影で使われています。
f:id:applekat:20211022231708j:plain

外には資料館という名の通り、年表や当時の様子の写真や、使われていた道具などが展示されています。

チェーンソー。とても大きいです。
f:id:applekat:20211022231928j:plain

メカメカしい。
f:id:applekat:20211022232859j:plain:w300

こんな道具でで石を切り出していたなんて凄すぎる。
f:id:applekat:20211022233026j:plain

敷地内にはお土産屋さんを兼ねたカフェもあります。
f:id:applekat:20211022234008j:plain:w300
写真と関係ないですけどホットドック美味しそうだったなぁ。

愛の泉。


f:id:applekat:20211022234254j:plain
f:id:applekat:20211022234444j:plain
寄り添っているようなオブジェ...なんですかね。

至る所にカエルの石像があるのはなんでなのでしょうか。
f:id:applekat:20211022234516j:plain
ちょっと調べてみたら、大谷の地に伝わる言い伝えから縁起物として扱われているそうです。

何年振りかに訪れた大谷資料館でしたが、やっぱりとても良い場所でした。
本当に久々の外出で楽しめました。

と、いうことでもう少し続きます。

アイウェア。

前からずっと欲しかったEFFECTORの眼鏡。
今まで扱っているお店が近くになくて諦めていました。

適当にJINSとかで買っていた時もありましたが、
やはり安いのは安いなりと言う感じ。
近所に眼鏡市場があるのでずっとそこで眼鏡を作っていました。
眼鏡市場も結構しっかりした品質のもの。
値段は高くはありませんがそれでもそこそこなので結局ここで何本か買ってるなら欲しい一本が欲しいなと思い始めました。

で、なんとなく近所の眼鏡屋さんを検索してみると...知らなかったお店を発見。
なんとなく調べてみるとなんと取り扱いしているとの情報が。
欲しいモデルがあるかわからないですが、とにかく取り扱いがあるというだけで希望があるので早速行ってみました。

すごい近い。
なぜ今まで気がつかなかったのだろう。
入ってみるとすぐにEFFECTORのコーナーを見つけました。
え、めちゃくちゃいっぱいあるじゃん...!!
と一人でテンションが上がっていたら
お店の方が声をかけてくださったので、
欲しいタイプを伝えると同じ系統のものも合わせて出していただけました。
そもそもfuzzというモデルの形にめちゃくちゃ惚れてEFFECTORというアイウェアブランドに興味を持ったのですが、fuzzは自分には少し大きすぎるのでひとまわり小さいfuzz-sというモデルが欲しかったのです。
しかし新しくfuzz-sと同じ形で生地が2mm薄くなってソフトな印象になったMARSというモデルも教えていただいて...結構迷う。
flangerとかMUNAKATAとかも色々見せていただいて、やっぱりどれも良い。欲しい。

結局、初志貫徹でfuzz-sを購入しました。
チェーンではない眼鏡屋さんは出来上がりまで1週間くらいかかるのかなぁと勝手に思っていたらレンズの在庫もあるので30分くらいでできるとのこと。
少し時間を置いて受け取ってきました。

f:id:applekat:20210906195617j:plain
うーん、黒セルは良い。

f:id:applekat:20210906202252j:plain
やっと、やっと買えたぞfuzz-s。

f:id:applekat:20210906202438j:plain
made in japan。
ちゃんとしたセルフレームは傷や白化も磨いて綺麗にできるのでいいですよね。
購入したお店ではサービスでやっていただけるそうで、
その時はぜひお願いしたいです。

f:id:applekat:20210906203428j:plain:w300
ケースもおしゃれ。

やっと欲しかったブランドの眼鏡を購入できたことがとても嬉しいのですが、
今回見つけたお店の方がとても親切で良かったです。
長くお世話になれそうなお店を見つけられて
(しかも割と近くで)そちらもかなり嬉しい。

それにしてもどのモデルもカッコよくて何本か欲しくなってしまいます。
また、そのうち買いましょうか。

一之江名主屋敷に訪問。

よく晴れた休日。
一之江名主屋敷へ行ってきました。
その名のバス停があるため、存在はずっと前から知っていたのですが行ったことはなく謎な場所でした。

スーパーの裏手に急に現れる広大な敷地。
柵に囲われ、木が生い茂って中を伺うことはできないのです。
入り口を見つけて中に入ると、いきなり雰囲気のある建物が。
f:id:applekat:20210810213421j:plain
それにしても、本当に良い天気。
非常に暑いのですが。

続きを読む

また乃木神社へ風鈴を見に行く。

国立新美術館に行った後、
せっかくなので久しぶりに乃木神社へも参拝に伺うことにしました。
向かっている途中で気づいたのですが、ちょうど今年もあの季節じゃないかと。
期待しつつ、到着。
そして手水舎に看板を見つけました。
f:id:applekat:20210721191909j:plain

続きを読む

国立新美術館に行く。

よく行っている乃木坂。
大抵は乃木神社に伺うためであって、そこから赤坂までフラフラと歩くのがとても好きです。
実はその乃木坂、
東京でも有数の写真スポットがあるのです。
それが国立新美術館です。
f:id:applekat:20210721174129j:plain:w400
前から存在は知っていました。
しかし美術館と聞いてちょっと敷居が高い感じがあり、
なかなか行けずにいたのですが、
今回思い切って行ってみることにしました。

続きを読む

ソラマチへ行く。

スカイツリーには以前にカメラ持って友達と登ったことがあるのですが、
今回は初めてソラマチの方に行ってきました。

f:id:applekat:20210707201055j:plain:w400
天気は少しどんより。
梅雨なので仕方ないですね。

続きを読む

友達と洗車とラーメン。

よく晴れた休日。
以前からラーメンを食べに行きたいという話をしていて、今回やっと行けました。

と、その前に友達の車の洗車をしに行きます。
ちょっと遠回りでドライブを楽しみつつ(?)
洗車場へ。
ちょっと汚れてしまったスカクーさんを綺麗にします。
f:id:applekat:20210608200607j:plain

続きを読む