続・暇つぶし。

ハイキャパをいじっていたら
「やっぱり好きな一挺が欲しいな」
と悪い蟲が騒ぎ出してしまい、
グロック19を買い直しました。今回はマルイ製です。
f:id:applekat:20210217172753j:plain
以前に持っていたのがKSC製だったのと、非常に評判が良いようなのでKSC製をまた買っても良かったのですが、
マルイ製の精度と安心感とアフターパーツの多さを考えるとやっぱりそちらになりますね。
というか当時はマルイ製のG19って出てなかったと思います。
元々グロックシリーズのシンプルで質実剛健な感じが好きで持っていたんです。
スタンダードなG17はもちろん、フルオートで人気のG18Cもとてもロマンがあって良いのですが、手の大きくない私にはG19は非常にしっくりくるサイズ感なんですよね。
関係ないですが、実銃のG18は一般の人では持つことができず、スライドだけならかなり厳しい条件をクリアすれば所有できるそうで、それを加工してG17のフレームにつけてフルオートにする人もいるのだそう。
映画「ダークナイト」冒頭の銀行強盗シーンで使われるシルバースライド+ロングマガジンのグロックは、劇中フルオートで射撃する様子があるのですが、G18ではなく実はG17のフルオートカスタムの様です。
背景が分かるととてもリアリティを感じて面白いですね。

とりあえず開封してすぐテイクダウン。
清掃してグリスアップしました。
当たりが出ていないのかそういう構造なのか、スライドは外す際にちょっと引っかかる感じがありました。
今回はあまりオプションをゴテゴテ付けず、ライトだけにしようと思います。(今のところは...)
f:id:applekat:20210217185043j:plain
SUREFIRE製のXC1というモデルのレプリカです。
まるでグロック19用に誂えた様なツライチ具合。
ハイキャパにつけたX300モデルはCR123という
あまりメジャーではない電池を2本使うのですが、
これは単4電池一本ととてもお手軽です。
光量もそこそこで小さいのに、普通の懐中電灯くらい照らせます。
ちなみに電池2本だけあってX300モデルは更に明るい。

オープンサイトはスチール製に変更。
ロゴが入ってていい感じ。
f:id:applekat:20210217183552j:plain
単に質感を変える目的だったのですが、
ドットが夜行塗料だったみたいですごい見やすい。

アウターバレルも金属製に交換。
ノーマルタイプのものもたくさんあったのですが、
ちょっと変わったデザインのものにしてみました。
実在のカスタムメーカー・LANTAC USA社製の
Glock 9INE Threaded Upgrade Barrel”というパーツを再現したものなのだそう。
f:id:applekat:20210217185029j:plain
アルミなので軽いです。
擦り合わせは多少必要ですが簡単につきました。ショートリコイルもちゃんとします。
ただ純正と形状が異なるのでスライドに擦ってる...。
ダメかも。

スライドを引いた際に金属らしい「チャキッ」という音が聞こえていい感じ。
あまり派手にイメージを変えたくなくて黒を選んだのですが、どうものっぺりしている様な気がして、角を少し削って地のシルバーを出しました。
多少重厚感が出たでしょうか。

で、このアウターバレルの目玉って個性的なチャンバーカバーだけではなく、このフルートバレルもなんです。
f:id:applekat:20210217210729j:plain
実銃ではバレルをフルーティング(溝を掘る)することで軽量化や冷却効果を高める効果が期待できるのですが、トイガンでは...なんかカッコいい感じなので良いのではないでしょうか。
インナーバレルもちょっとタイトなものに変更。
真鍮からステンレスになったので単純に見た目が良い。

撃ってみると、先のハイキャパより新しいものらしくブローバックのエンジン周りが刷新されている様で結構キックが強くてキレが良いです。
まだあたりがついてない感じなのでちょこちょこ撃っていきましょうかね。

f:id:applekat:20210217194221j:plain
この“9INE”の文字が結構気に入ってます。

ハイキャパの方ですが、
その後結局ダットサイトまで載せました。
f:id:applekat:20210217170122j:plain:w250
マウントは何故かグロック用。
なんとかなるだろうと思って買ったのですが、めちゃくちゃレール部削る羽目になりました。
まぁ樹脂なのでそんなに大変じゃないんですけど。
あとで気付いたのですが、所さんのグロックにも同じのついてました。

所ジージ 最近の唄336 慰めの報酬
上に載せたダットサイトはお試しなので適当な物を。
しかしこれが意外と結構調整できて良い。
現実世界でレティクルを見られるとは。
タクティカルモデルなのになんだかレースガンみたいな様相になってしまいました。
見た目ゴツくなりましたが、マウントとサイトで4000円もしないというリーズナブルなカスタム。
ハイキャパいじりはもう終了ですね。

そういえば前回の記事を読んだ友達が連絡をくれました。
まだ件のデザートイーグルを持ってるかもとのことで、触らせてもらえるかもしれない話を貰いました。
私の今の二挺とは真逆の重量級ハンドガン、とても楽しそうですね。
ガスと弾また買わなきゃですね。

自粛中の暇つぶしに。

前回の緊急事態宣言中は子供の頃に楽しんだミニ四駆を久しぶりに触ったりしたのですが、
今回はまた以前の趣味を個人的にリバイバルする企画ということでエアガンをちょっと楽しみます。

友達にあげたりオークションで売ったり捨てたりして全て処分をしたと思っていたのですが、収納を整理していたらフレームだけになったマルイのコルトパイソンと共に、しっかり箱に入ったハイキャパ4.3のガスブローバックモデルが出てきました。
東京マルイ No.8 ハイキャパ4.3 10歳以上フルオート電動ブローバック
(リンク先のものは電動ガンです)

確かシューティングレンジに撃ちに行こうよと誘われて、もうその時は既に手持ちを処分した後だったのでこれを買ったのですが結局行かなかったんですよね。
それでそのまま残っていたという感じ。

ちょうどいいので久々にお座敷シューター(家で撃つことをこう言うらしいですね)でもやろうかと思い立ちました。
もちろんBB弾もガスもありませんので買わなきゃいけません。
早速地元にあるエアガンショップに行ってみたのですが...

あれ...?
ここじゃなかったっけ...?

調べると場所はあっていますが、
お店は何年か前に無くなってしまったようです。
友達と一緒に行っていた思い出の場所だったのでちょっとショックでした。
ミニ四駆の時にも思いましたが、結構地元のそういうお店って無くなっちゃってますね。悲しい。
仕方ないので結局通販で購入。
今は環境を考えたノンフロンガスや、土に還るバイオBB弾があるのですね。

当時は何も気にせず適当なBB弾で撃ってた気がします。
子供の頃は近所の公園にプラのBB弾いっぱい転がってたっけ。
そして一番感動したのが室内用のターゲット。

東京マルイ No.159 プロキャッチターゲット

東京マルイ No.159 プロキャッチターゲット

  • メディア: おもちゃ&ホビー
これ、BB弾がくっつくんですよね。
少しすると勝手に落ちて下のトレーへ。
トレーの横には穴が空いていてそのままゴミ箱にBB弾を捨てることができます。
くっつく部分は洗って利用できます。
以前ならダンボールに撃つしかなかったのに、こんな便利なものがあるなんて。しかもちゃんとターゲットとして狙えるなんて素晴らしい。

使う前にひとまず分解して古くなったグリスを落として、再度グリスアップ。
で、撃ってみるとさすがガスブローバック、迫力がありますね。
ターゲットがあるのでちゃんと狙って撃つのは楽しいです。しかも狙ったところにちゃんと当たります。さすがマルイ製。
私は4インチくらいのコンパクトなものが好みなので4.3にした(と思う)のですが、樹脂製のスライドですが、スライド自体が短いとリコイルのキレが良い感じがして気持ちがいいです。
5.1のフルサイズのハイキャパだともっと迫力があるのでしょうか。
よくこのブログで書くカメラを一緒にやっている友達は当時マルイのデザートイーグルのガスブロを買っていたのですが、あれはリコイルが重くて凄そうでした。ロマンがあります。
そういえば自分はその時気に入っていたのがKSCのグロック19とマルイのグロック26。これらもやっぱりコンパクトなサイズのハンドガンですね。
今思えば手放さなきゃ良かったなぁと思います。
こんなにお座敷シューターで楽しめるものとは思わなかったので。

で、せっかくなので子供の頃に憧れたカスタムをやってみようかと思い立ちました。
メタルギアソリッドなどでサイレンサーやフラッシュライトでカスタムされたものを見てカッコ良かったのですが、やろうと思っても当時はそんなお金もなく...
18禁のガスブロ買えるようになった頃にはカスタムよりみんなで公園で空き缶撃ってる方が楽しかったので。
で、一番やりたかったのがフラッシュライトの取り付け。
実用性も何もあったものではありませんが、マグライトなどの光物が好きな性分とロマンだけでやってみる。
探してみるとハンドガン用のライトはたくさん流通していてピンキリ。
中にはおもちゃのライトみたいなのから実銃でも使うようなものまで様々。
今回は有名メーカーのレプリカというものがリーズナブルで明るそうだったのでそれを買いました。
幸い、ハイキャパ自体が拡張性の高いもので規格物のレールを装備していたので簡単に取り付けできました。
f:id:applekat:20210206213107j:plain
完全な自己満足ですが、こういうのが楽しいんですよね。

ついでに、色々気になるところがあったのでそこもカスタム。
・グリップがなんとなく気に入らなかったので交換。
f:id:applekat:20210206213133j:plain

・スライドの間から見えるアウターバレルがプラ製なのが気になって、ステンレス製の物に交換。ステンレス磨きで散々磨いてから組むという謎の拘り。
f:id:applekat:20210206213222j:plain

・アウターバレルがステンレスになったので、リコイルスプリングガイドが黒なのが気になりそこもステンレスに。ステンレス磨きで...(以下略
f:id:applekat:20210206213203j:plain

・グリップセーフティ(握り込まないとトリガーを引けないようにする安全装置)の形状を変更。
f:id:applekat:20210206213417j:plain

・純正の短いマガジンキャッチを長いものと交換。
・スライドストップが短くて片手で操作できないので長い物に交換。
f:id:applekat:20210206213322j:plain

・マガジンを5.1のものにして装弾数ちょっとだけUP。

最終的にこんな感じに。
f:id:applekat:20210206213500j:plain

メタルスライドとかもたくさん出ているのですが、
壊れそうですしそこまではやらないでしょうね。
実際機関部はいじってません。
あとはそのうちダットサイトなんか載せたいなぁなんて思ってます。やるかわかりませんが。

それに関連してYouTubeでエアガン界隈で有名なマック堺さんの動画を観たりしてたら所さんと一緒にやってるチャンネルとか見つけてそれがまた面白いんですよね。

所さんにレバーアクションナーフ玩具をプレゼント。レビューはマック堺チャンネルご覧ください。#005

自粛中の暇つぶしとして結構楽しめています。

Dfとレンズ達が帰宅しました。

SIGMAさんに里帰りしていたレンズたち(+Df)が帰ってきました。
通常2〜3週間位のところ、約1週間で返ってくるという相変わらずの素晴らしい対応です。
今回はズーム2本でしたのでもっと時間がかかるかと思ったんですけどね、さすがです。

さて、送った時からひとまわり大きい箱で戻ってきたものを開封すると、一つ一つ丁寧に梱包されたカメラとレンズが出てきました。
しかもカメラもレンズもピカピカです。
この辺りSIGMAさんにとても好感が持てます。
寒いところから帰ってきたからか本体がかなり冷えていましたのでしばらく室温に馴染ませてから確認しました。
結果的にちゃんとAF微調整無しでバッチリピントが合うようになっていました。
USBドックもあるとはいえ、ズームレンズでここまでやるのはやはり難しいですから本当に助かります。


Aizu, Japan Chapter Ⅲ|SIGMA (日本語字幕)
SIGMAさんの動画にカスタマーサービスのものがありました。
丁寧に作業されているのがよくわかるものとなってます。


と、喜んだのも束の間
ファインダーにゴミが見えるのを発見。
フォーカシングスクリーンの外側にゴミがくっついてるのかなと思い、ブロアーで吹いてみても変わらない。
あー中に入り込んでる...

フォーカシングスクリーンは以前PENTAX K-3を使っていた際に清掃したことがありました。
K-3はフォーカシングスクリーンが簡単に外せる構造になっていたんですよね。
Dfはどうなっているのかと調べたところ、針金の様なものでロックされている様子。
針金の部分とフォーカシングスクリーンが非常に近く、一歩間違えると傷が付く恐れが。
(別機種ですが、実際に傷をつけてしまった例もネットでみました)
どうしようかと悩んだのですが、やはりファインダー内のゴミって非常に気になるのでチャレンジしてみました。
結果、無事綺麗になりました!

実際外してブロアーで吹くだけの作業でしたがドキドキでした。結果的にはうまくいって良かったです。
とはいえ今回は運が良かっただけだと思うので、次回はちゃんとNikonさんにお願いしようと思いました。
Dfの特性上、MFしやすいフォーカシングスクリーンを交換されている方もいますが私はちょっと怖いのでやりませんね。
そもそもAFメインで使っていますし。

ファインダーが綺麗になって、レンズ全てピントがしっかり合うようになって準備は万端。
あとは早く堂々と出掛けられるようになるのを祈るばかりです。

近所で遅い初詣

f:id:applekat:20210113143444j:plain

緊急事態宣言がまた発令されましたね。
まぁこのままならまたもやむを得ない、むしろなんで出さないの?という状況でしたので驚きはないです。
ピンポイントな制限で昨年のものとは別物のように感じますが、個人的には同じように自粛しなきゃいけないかなと考えています。

と、いうことで前回の発令時のようにSIGMAさんにDfと買い足したズームレンズ2本を送ってピントの調整をお願いしています。
24-105mmF4を購入した時からお願いしたいなぁと思っていたんです。
流石にズームレンズを全域USBドックで調整するのは至難の業で、AF微調整でなんとなくお茶を濁していました。
24-35mmF2を購入したのでいよいよお願いしようかというタイミングで緊急事態宣言発令ということになりましたので、ちょうど良かったかもしれません。
(SIGMAさんには忙しい時期に申し訳ないですけど)
ピントが合う状態で帰ってくると本当に撮影気持ちいいんですよね。
前回出した50mmF1.4は見違えるようになって感動しました。

続きを読む

幸先詣とか2020年買ったものとか

今年はなんだか大変な年だったように思います。
原因は言わずもがな。
今まで通りの生活様式を変えざるを得なくなり、
色々と我慢を強いられた一年でした。
とにかく自粛、自粛。
しかもまだまだそれは続きそうで気が滅入りそうです。

■幸先詣

さて、こんな状態ですが今年最後のお参りということで成田山新勝寺に行ってきました。
新年を迎えて初詣が密になるのを避けて、今年は先んじて「幸先詣」というものが推奨されています。
幸先の良い新年が迎えられるようにとの意味があるそうです。
f:id:applekat:20201231132947j:plain
あいにくの天気でしたが、雨は幸い降っておらずなんとかお参りをすることができました。
霧に包まれたお寺というのも幻想的ではないかとポジティブに考える。

続きを読む

赤坂周辺散歩+α

f:id:applekat:20201018211153j:plain
休日にまた赤坂周辺へ出掛けてきました。
目的はまた乃木神社のよりそひ守りですが、(あげてばかりで一向に自分用にはいただけませんが)
せっかくなので周りのしばらく伺えていなかった場所にも足を伸ばす事にしました。

続きを読む

久しぶりに根津神社へ伺う。

半年ぶりに伺うことができました。
ずっと来たいと思っていたんですよ。

f:id:applekat:20200822203815j:plain

天気が良くて、かなり気温が高かったのですが
伺ったらもうそんなのどうでもよくなりました。

続きを読む

犬吠埼。

先日銚子へ出かけてきました。

では観音駅から。
f:id:applekat:20200808204015j:plain

去年乗れなかった銚子電鉄にやっと乗ることができました。
ローカル線の長閑な車窓を見てみたかったんですよね。
スタートの観音駅もかなりこじんまりしています。
f:id:applekat:20200808204614j:plain
駅員さんも一人だけですし。

続きを読む

今年もつれそひ風鈴回廊を見に行く。

f:id:applekat:20200805181702j:plain

梅雨が明けて急に気温が上がりましたね。
今日は久々に、ほぼ半年ぶりに出かけてきました。
とはいえあまりふらふらは出来ませんのでピンポイントで乃木神社へつれそひ風鈴回廊を見に行きました。
去年はたまたま開催されているタイミング(改装中)に参拝できたのですが、沢山の風鈴がとても素晴らしかったのです。
久々に乃木神社。 - 闊歩ヲングストローム

今年も開催されていると聞いて伺わずにはいられませんでした。

続きを読む