烏森神社から芝大神宮。

SDIM0281

もう今年も残すところあと僅か。
今年はかなり神社にお参りに行けた気がします。
もともと神社巡りが好きだったのですが、今年は特に。
御朱印集め、というだけではありませんが参拝した証が残るのは振り返って見るととても楽しいものです。
根津神社でいただいた御朱印帳もあと僅かです。

■烏森神社

カラフルな御朱印で有名だという烏森神社へ行ってきました。
新橋は飲み会くらいでしかきたことがありませんでしたが、やはりビジネスマンで賑わう場所ですね。
地下鉄の内幸町で下車し、しばらく歩くとありました。
ここもビルの建ち並ぶ中にひっそりとあるタイプの神社ですね。
SDIM0280
こじんまりとしていますが、立派な神社です。
SDIM0277
階段を上がり、参拝。
その脇で御朱印をいただきます。
今日は半紙に書いてあるものをお受けしました。
噂の通り、とても可愛らしい御朱印です。
無病息災の御守りと梅昆布茶もいただけました。

立て札に「御朱印は参拝の後で」という旨の注意書きがありました。
御朱印スタンプラリーか何かと勘違いされている方もいると聞きますので、そういう方がまだいるのでしょうね。

烏森神社の社紋は洒落ていますね。
烏、森、稲があしらわれているそうです。
SDIM0279

路地を入った場所にあるのですが、周りがまた良い感じです。
SDIM0282

その後、確か芝大神宮が近かった事を思い出し、一駅先の御成門へ。

■芝大神宮

SDIM0286

こちらも駅から少し歩いて到着。
大きな鳥居と階段が印象的です。
SDIM0289

SDIM0284

こちらでも御朱印を。
御守りと生姜飴をいただきました。
SDIM0287
生姜塚なるものが。
以前はこの辺りに生姜畑が多くあったらしく、生姜とのゆかりの深い神社だそうですね。
生姜祭りもあるそうです。

SDIM0285

今回は短時間でしたが、どちらも大通りから裏に入った場所にある、不思議な雰囲気の神社でした。
またゆっくり来てみたいですね。

さて、今年はまだどこかに行けるでしょうか。
できれば根津神社は最後に行っておきたいのですが。

余談ですが、先月の末に伺った富岡八幡宮
まさかその後あんな事があろうとは。
神聖な筈の場所で痛ましい事件が起こるのはとても悲しい事ですね。

上野公園へ行ってみる。

SDIM0253

一段と冷える晴れた休日。
ここのところ休日の天気が良くて助かります。
午前中の用事を済ませて今日は上野公園へ。
と言ってもメインは公園じゃないのですが。

根津で下車してとことこと上の方をなぞるように歩きます。
途中で七倉神社に寄ろうと思ったのですが、子供たちが楽しそうに遊んでいたのでやめました。
歩けば不思議と寒さは感じません。

しばらく歩いて着いた鳥居と階段。
SDIM0274

先にはイチョウが見えています。
今年は本当にイチョウをたくさん見られています。
ここは上野東照宮
東照宮といえばこれですね。
SDIM0246
都内にこんなものがあるなんて驚きですね。
ちょうど青空の背景で良い感じです。

境内は観光客の方で賑わっていました。
SDIM0249
というかほとんど外国の方ですね。

煌びやかな唐門。
本殿は非公開のため見ることは出来ませんが、さぞ立派なものなのだろうと察することは容易です。
SDIM0240

外国の方はほとんど参拝しないのですね。
まぁ外国の方はそれぞれ信仰するものも違いますから仕方がないとは思いますが。
御朱印をいただく間眺めていましたが、とうとう参拝する方を見ることはありませんでした。

絵馬がとても格好良い。
SDIM0245

たくさん並ぶ灯篭。
SDIM0243

SDIM0247
みんなカメラを向けていたので私も撮ってみました。

SDIM0251

SDIM0250

東照宮を後にし、上野公園内を歩きます。
ここでもイチョウは色付いて綺麗。
SDIM0255
黄色い絨毯は本当に綺麗でした。

紅葉も見ることができましたよ。
SDIM0252

そしてやってきたのは花園稲荷神社
SDIM0267
ここが今日の目当てです。

五條天神社の中にあります。
SDIM0266
SDIM0265

こちらが花園稲荷。
SDIM0260

ここは別名・穴稲荷と呼ばれている場所。
SDIM0258
この奥の扉を開けると小さな洞窟があり、そこが穴稲荷と呼ばれる所以の場所ですね。
ちなみに中は撮影禁止です。
中はとても神秘的な雰囲気です。

この神社自体、公園の中にあるとは思えないほど立派な場所でした。
SDIM0263

SDIM0264

そうそう、ここにも鳥居が並ぶ場所があるのですが、人が多くてちゃんと撮れませんでした。
SDIM0268

とても年季の入った提灯。
Foveon映えします。
SDIM0269

上野公園内は沢山の人がいて、ストリートミュージシャン的な方もギャラリーを集めていました。
SDIM0271

SDIM0272

秋晴れの気持ちのいい休日でした。
もう今年も数えるほどになりましたね。
行きたい場所もまだまだあるので、また出かけたいと思います。

SDIM0275

富岡八幡宮へ。

2C8291CD-A68D-4621-9CAA-42DA722A021A

いい天気で、嘘のように暖かい休日。
また午後に出かけることにしました。

玄関を開けると隣の家に繋がれたわんちゃんが、なぜかうちの前に座ってました。
CEC16642-A06A-4B23-8EC1-A5E6A2A8390D

4F35E072-B847-4AFD-A5D2-30952F443FA1

大人しく写真を撮らせてくれるあたり、わんちゃんはお利口さんです。
猫様はこうはいかない...。
ちなみに上がiPhone Xで撮った写真。
巷で「一眼レフみたいに撮れる」と話題のポートレートモードです。
ソフトウェア処理で背景をぼかしているのだそうで。拡大して見ればセンサーサイズなりですが、そもそも等倍確認なんてする人もいないでしょうし、
確かに記録写真+αという用途であれば充分ですね。
ボケ自体はdpより柔らかいかもしれません。

関係ないですが、「一眼レフみたいに」って言葉は違和感があります。
じゃあミラーレスは背景をボカした写真が撮れないのかといえば、そうじゃないですしね。
“レフ”って言葉やセンサーサイズ等は多分意味が理解されてなくて、
ボケを生かした綺麗な写真が撮れる=「一眼レフ」みたいなことになっちゃてるのかなぁ。
まぁ、どうでもいいですけど。
私のは「一眼レフ」じゃないですし。

話は逸れましたが、電車で門前仲町へ。
近いので車でもよかったのですが、電車なら気兼ねなくフラフラできますからね。

富岡八幡宮

で、やってきました富岡八幡宮
8020339F-1B96-4860-B888-D4DFACDF7549

平日でもやはり人がいますね。
酉の市の準備がされていました。
残念ながら出店などは閉まったままです。
E6D4AA95-22A4-4179-AA8E-FAD97FE3BF02

手水舎は煌びやかな鳳凰
龍のところが多いですが、珍しいですね。
あ、亀戸天神は亀ですが。
044140B7-FB94-44CF-817A-FA4414D79E95

午後の陽が傾いてくる時間です。
綺麗な朱が映えます。
D9BB54EB-4D6C-4F0F-AD86-D257B69F1FE1

本殿脇に大きな和太鼓。
さぞかし迫力のある音を奏でるのでしょう。
見た目にも貫禄があります。
B5FDA2BA-5C89-402B-A9D9-7B4AC7A2269F

ここもイチョウが綺麗に色付いていました。
871BC96A-D274-4BA5-9470-98FF172DD040

1AE50477-58C9-4DDE-9685-BB0D5D877FD9
今年は黄葉をたくさん見ている気がします。

深川不動堂

34F4D8C3-39E6-4CC6-83B2-96152AC9AF18
駅に戻る途中で、せっかくなので深川不動にも寄りました。
お寺を訪れるのは、御墓参りくらいですので少し新鮮な気持ち。
お線香の香りが漂い、人はかなりたくさんいました。

梵字?があしらわれた建物。なんだかすごいです。
7FD7FDE3-671B-4C30-B47D-65EF06434EBF

中にはお稲荷さんが。
08193E54-030B-4D8B-8D2C-309242E19964

日枝神社で見たものと同じようなものでしょうか。
可愛らしいですね。
15120039-38A1-4E8D-A433-00A7B4A100F2

参道も結構賑わっていました。
9B036417-7F35-42C4-825E-A6A6F3C44FD8

今まで神社しか行っていなかったので、仏像などは少し新鮮です。
D9A46D0B-8A3A-446D-A3CE-56FA251355E9

なんというか、良い雰囲気の場所ですね。
下町っぽいというかここならではの空気を感じます。
980C82D9-013F-4F58-B202-5FEC73DC929C

駅に戻る途中は少し遠回り。
裏通りを歩いてみました。
途中、なんとも気になる場所を発見。
DD9007A9-971F-46FC-AACF-04B819FA66E9
なんとも昭和感溢れる路地。
その雰囲気に惹かれてか、α7を携えた殿方も。

dp3Q +LVF-01で撮影する私の姿は異様だったのか、
終始珍しそうに見られました。

7B967920-7D47-4A10-9DEB-5D94464FE633
飲み屋さんが軒を連ねる不思議な空間。
それも門前仲町あたりならではの風景なのでしょうか。
7DDEB23A-B8AF-4DEB-A903-F95B654285E1

他にもここには気になるものがたくさんありましたよ。
色々それらも写真に撮ったのですが、ISO100固定だったという痛恨のミス。
SIGMAならそれでいいと言われそうですが、個人的にQuattroになってからISO400がより常用レベルになったのでISO AUTOを結構使っています。
しかもオートでも結構粘るので普通に使えるのです。
Merrillでは使ったことなかったので、ここに来て新しい発見。
明るければ無闇にISOは上がらず、薄暗くなるとじわじわとISOが上がる印象。
とても身の程をわきまえてる感じです。笑。
400まで行くと撮って出しのJPEGはもはや現代のレベルとは言い難いものですが、SPPで現像すると結構びっくりします。
ノイズは当然増えるものの、ディテールはしっかりと残っているのです。
もちろんFoveonを使う以上は画質にこだわりたいものですが、撮りたかったものを見られる写真として残せることも大事だと思います。
お陰であたりが薄暗くなっても諦めることなく撮影が続けられるのでより楽しめています。
まぁ、そんなことは最近のカメラなら普通なのですが。
今回富岡八幡宮にて半分くらいFT-1201を使っていますが、やっぱり60mm(90mm相当)は良いですね。
撮影情報として残らないので分かりにくいですが、撮っている方は別物みたいで楽しいです。
しかも画質の劣化もないですし。

次は何処へ行こうか。

九段下から飯田橋。

休みで天気も良かったので、また出かけてきました。

都営地下鉄で九段下へ。
駅を出るとすぐに靖国神社の大きな鳥居が見えます。
ここは今日の目的地ではないのですが、せっかく来たので参拝していくことにしました。

靖国神社

A224626D-A95B-4722-9566-A16763330412
銀杏並木の参道が綺麗です。

F144DD53-A5D5-4F5B-BD85-9070F286D3AB
ちょっと誰だかわかりませんが、FOVクラシックブルーを使いたくて撮りました。

平日でも人がたくさんいました。
ただ、学校や会社の帰りらしき方もたくさんいましたけど。
B97A6640-78CE-4C4F-8A25-9C7423A368B8
ちなみにこれはFOVクラシックイエロー。
イチョウの色が綺麗です。

585B3E75-14DD-4D59-9A8C-10041DE34931
参拝し、御朱印をいただきました。
よく政治にまつわるニュースに登場するこの神社ですが、普通の日に行けばなんてことはない、普通の神社でした。まぁ当たり前ですが。
なんとなく変なイメージがあったのでなんとなく寄ろうかためらったのですが行ってみて良かった。
とても大きく広く、綺麗な神社でした。

■東京大神宮

そこから飯田橋方面に登って(道は下ってましたが)、本日の目的地東京大神宮へ。
135C7527-7EAF-45C7-B003-E287CBEAEBFB
こちらも人が多い。
縁結びの神様として有名だからか女性が多かった気がします。
2B824861-9F28-4CF8-91AE-0B9313C535CF

DDB5A892-564E-44A6-8031-478DF63E475F
いつのまにかAFポイントがズレてたらしく、変なとこにピントが合っている...。

こちらでもしっかり御朱印をいただきました。
いい縁があると良いのですが。

■その後

地図を見ていたら「白菊稲荷」という場所があるのを見つけて、行ってみました。
普通に歩いていたら気づきませんね。
343DDFBA-82B5-48F8-9728-C64BE98794A5
建物の間にひっそりとあり、すぐそばには子供達の声が響く公園や、オフィスがあります。
26A3A1F2-A7A9-4F3E-870C-11DAD8683087
こじんまりしていますが、とても不思議な空間です。
A5C03291-8C04-4CC9-A7CE-E7F6ACD0E995

そして少し先まで歩き、飯田橋の駅を超えて神楽坂へ。
868B4DCA-F708-4F50-A578-93F1321127F1
ペコちゃん焼きを食べつつ、通りを登ってみました。
賑わう表通りから一本脇に逸れると、なんだか別の場所みたいな雰囲気でした。
3219D0E0-3283-49D4-B1A2-15034939341E

D1F2A141-4AA1-43DA-8A42-A73D0DEC405A

そして帰りに小岩駅から少し歩いたところにあるみつばちさんで美味しいもんじゃやお好み焼きをいただきました。
4C3323F1-770D-46B7-9008-D1F6246AD4BA

結構歩いた気がしますが、あまり疲れませんでしたね。
初めていく場所はやっぱり楽しいです。

赤坂周辺、再々訪問。

7B5644DA-0793-455F-A7BD-73F5D4861AC1
先月に訪れたばかりですが、
今回も休日に赤坂へ。

乃木神社

まずは乃木神社
4B0D49C1-DA11-4305-B2C4-C0093D9F5B1C
今日は七五三で賑わっています。
BC64BC4C-6299-4F59-B872-604A9AD2561B
参拝して御朱印をいただきました。
秋季限定で頒布される可愛らしいもみじ守りがありましたね。

そして境内をぐるっと一回り。
5668C1C9-DEBC-4FCE-98F2-991B25EFE891
5C4EDE0E-40BB-4055-8BFA-68307BF793D5
764AB69B-1766-48B1-9938-5ADFDD4F0047
正松神社のあたりには黄色く色付いたイチョウの葉が落ちていて、秋らしい景色でした。
296A7F72-2C31-44BA-9B01-B859DD80A311
午後一あたりの参拝となりましたが、陽が傾くのが早い気がします。
もう冬が近づいているなと感じます。
FB6536F9-013B-435A-BB5C-255EA42ABE2D

赤坂氷川神社

その後は前回初めて訪れた赤坂氷川神社へ向かいます。
その時はミッドタウン経由で行ったのですが、今回はなにも考えないで歩き始めてしまったので気づいたらそのまま赤坂駅へ向かってました。
まぁべつに急いでいるわけでもないので適当に裏に入ってぶらぶら。
到着した入り口は四合稲荷のところでした。
C1ABAC4D-16A2-4C25-AFDA-0B29FA887B4F

こちらは人も居なくてとても静か。
参拝して、御朱印をいただいて境内を散策。
32F5094D-88DB-4FB7-8AC5-DD2866BADF97
D6981082-C0A5-4D89-9B0A-A856DCC3BDA6
C3B27443-EB0B-4422-8FA2-773081777C36
2E4D3A02-75B5-4334-91A9-8F27143054B6

中央の大イチョウのある広場には沢山のイチョウの葉が落ちていました。
D2572C6D-DC6A-49A7-AFD5-F4E7057840FC
60AE796C-25CE-4264-A79E-39330B2EA224
イチョウの葉も色付き、陽を受けて輝いているように見え、思わず見とれてしまいます。
AC7C69C5-B3A9-49E0-8ABC-D6ABA3F2840A
紅葉もいいですが、こういうのも情緒がありますね。
D3E1BFBD-650C-4492-9EDE-688B917F7C27

四合稲荷はお気に入りの場所です。
604340C3-C72F-4647-AEE7-F3C30930E484
名前もいいのですが、なんというかとても落ち着くというか。
887F361C-1CE5-4A57-9815-C15D5B84CA2C

ただ、あまり手入れが行き届いていないようなので少し綺麗にしていただけるとありがたいです。

■山王日枝神社

駅まで戻ってそこからすぐ。
ここは夏以来です。
今回は少しエスカレーターで楽をしてしまいました。
ただ、エスカレーターから赤坂の街をみると、ここが神社なのが不思議な感じで楽しかったですよ。
こちらは七五三の家族がたくさんいらっしゃいました。
手水舎では外国の方とガイドさんが。
ガイドさんの説明を受けて、手を清める様がとても微笑ましかったです。
少し並んで参拝し、御朱印をいただきました。
ここは御朱印をいただける場所が別に構えられているので、スムーズにいただくことができます。
ちなみに初穂料は500円。
自分で前回書いておいて忘れていたのですが、こちらでは御朱印と一緒にしおりをいただけるのです。
今回は狛犬ならぬ神猿様を撮れました。
27ADAB47-9EFA-4E34-ACB3-7E5BDE95F179
八坂神社・猿田彦神社と山王稲荷神社にもお参り。
F3C0F7EB-06D2-4436-B7BE-F75996D575EB
こちらに「御眷属奉納」の狐人形が沢山並んでいました。か、可愛い...。
そばに狛犬さんもいましたよ。
B0723E71-A535-431F-94ED-17004A943BB4

夜は久々に地元の友達と飲みました。
それぞれの仕事もあってなかなか集まる機会も少なくなってしまっていますが、
ずっと変わらずに楽しい仲間です。

今日は身も心もリフレッシュできた幸せな休日でした。

重要書類。

仕事から帰ったら、荷物が届いておりました。
初めて“薄い本”を買ったのです。
いや、なにもいかがわしいものではありません。

C6068528-3DDE-4CDD-B3D5-03002824344B
前々からすごく気になっていて、
やっと購入できた安倍吉俊さんの「飛び込め!!沼」です。
もともと安倍さんのABlogを読んでいて、Flickrもフォローさせていただいたりしていたのですが、とてもSIGMA愛に溢れる方です。

しかも同時にSIGMAより新しいSEINが届いたという奇跡のようなタイミングに、一人で興奮してしまいました。
SEINは今後ネット刊行と年鑑という体制に変わっていくようで、少し寂しい気もします。
F8B1D3DA-EC2E-43C0-8F4E-92F394204BA4
今回は特別版だったようですね。

さて、早速「飛び込め!!沼」を読んでみました。
......これは本当に面白いです。
なんというか、C社やN社ほど一般的な知名度のないSIGMA。当然まわりにユーザーが少ないのですよ。
その中で「SIGMAのカメラって、色々ダメなところはあるけれど、そんなのもひっくるめて“SIGMA”であって、それはとても素晴らしいんだ」と心の中で思っている。
この作品には、そんなSIGMAユーザーにはよく分かる“あるある”がたくさん散りばめられています。
誰かに言いたい、だけどわかってもらえない「SIGMAネタ」が詰まっているのです。
知らない人が読んだら、沼先輩の言葉は一見すると単なるディスりのように見えるのですが、あれは愛故の叱咤激励なのです。笑。

個人的に好きなのが、
後輩くんが初めて撮った写真をPCで見る場面。
拡大して見える、一本一本精細に描写された“脈々しい”葉脈。
植物の写真を拡大してみれば、撮影時には気付かなかったてんとう虫に出会える。
今までに見たことのないような画質に驚く後輩くんの姿はまさにFoveonセンサーの画像を初めて見た自分そのもので、はっとしました。
本当に好きな方が書いたんだなぁと感じられます。
自分で最近撮った写真にも気付きのあるものがありました。
01894329-082E-418F-B550-A4BBDD9D4C1C
手前の紙垂に虫が二匹。とても撮影時には気付きません。
改めてFoveonセンサーの凄さを感じます。

中身を上げるような無粋なことはできませんが、とても楽しい作品なのは確かです。
沼先輩の独特な表現がおかしくて、でもすごく的確でもあって、SIGMAファンとしては顔が緩みっぱなしです。

神田明神。

確か神田明神は去年の初めに友達と訪れた以来です。
8D0E3E62-1418-452F-807C-3FD03AF75B57

前回の根津神社の後に来てみました。
駅から歩いて到着。
56E53DC2-6592-4B8E-B6E8-BFF1CF1D3399
参拝をして御朱印をいただきます。
人は多めで、御朱印も番号札を渡されて少し待つほどでした。
御朱印をいただいた後は、頼まれたなまずのお守りをお受けしました。
写真を撮りそびれたまま渡してしまったのですが、とても可愛らしいお守りです。

その後は境内をぐるっと見て回りました。
0FF361F1-487E-4DA1-B52B-6CCB457015F8
提灯てどうして撮りたくなるんでしょうね。
神田明神の神紋は「流れ三つ巴」、別名「なめくじ巴」というそうです。

8989D010-E25C-491D-A5EE-033B51F0176C
きらびやかです。

ADD41572-A96B-437B-A38F-309CEF3CA6FB
こちらは普通の巴紋ですね。
諸説あるようですが、一説には水が渦巻く様に見えることから火災除けのシンボルとして用いられていたのだそうです。
この石碑は「御防講巴纏記念碑」。
「御防講」というのは神田明神が天災や火災などにみまわれた際に、警護を担った名誉職を指すのだそうですよ。
なんだかかっこいいですね。

ED6927B8-5314-4857-B29D-50D7A5A19C75

05491D8D-4E02-4D10-AE55-55CCC4670F0B
だいこく様にえびす様。特に大きなだいこく様はとてもご利益がありそうです。

0F7B5C32-7072-41F4-B7A7-115A88565CE7
詳しくないのでわからないのですが、何かとコラボしていたようです。
グッズも販売されていましたね。

境内の中に休憩所があるからか、飲み物を飲みながら歩いている方も見受けられました。
なんというか、厳かな感じではなく、もっと親しみやすい神社なのでしょうね。
独特な雰囲気を感じました。

02975C63-3DCD-4721-8946-E6002D9F840D