赤坂周辺、再々訪問。

7B5644DA-0793-455F-A7BD-73F5D4861AC1
先月に訪れたばかりですが、
今回も休日に赤坂へ。

乃木神社

まずは乃木神社
4B0D49C1-DA11-4305-B2C4-C0093D9F5B1C
今日は七五三で賑わっています。
BC64BC4C-6299-4F59-B872-604A9AD2561B
参拝して御朱印をいただきました。
秋季限定で頒布される可愛らしいもみじ守りがありましたね。

そして境内をぐるっと一回り。
5668C1C9-DEBC-4FCE-98F2-991B25EFE891
5C4EDE0E-40BB-4055-8BFA-68307BF793D5
764AB69B-1766-48B1-9938-5ADFDD4F0047
正松神社のあたりには黄色く色付いたイチョウの葉が落ちていて、秋らしい景色でした。
296A7F72-2C31-44BA-9B01-B859DD80A311
午後一あたりの参拝となりましたが、陽が傾くのが早い気がします。
もう冬が近づいているなと感じます。
FB6536F9-013B-435A-BB5C-255EA42ABE2D

赤坂氷川神社

その後は前回初めて訪れた赤坂氷川神社へ向かいます。
その時はミッドタウン経由で行ったのですが、今回はなにも考えないで歩き始めてしまったので気づいたらそのまま赤坂駅へ向かってました。
まぁべつに急いでいるわけでもないので適当に裏に入ってぶらぶら。
到着した入り口は四合稲荷のところでした。
C1ABAC4D-16A2-4C25-AFDA-0B29FA887B4F

こちらは人も居なくてとても静か。
参拝して、御朱印をいただいて境内を散策。
32F5094D-88DB-4FB7-8AC5-DD2866BADF97
D6981082-C0A5-4D89-9B0A-A856DCC3BDA6
C3B27443-EB0B-4422-8FA2-773081777C36
2E4D3A02-75B5-4334-91A9-8F27143054B6

中央の大イチョウのある広場には沢山のイチョウの葉が落ちていました。
D2572C6D-DC6A-49A7-AFD5-F4E7057840FC
60AE796C-25CE-4264-A79E-39330B2EA224
イチョウの葉も色付き、陽を受けて輝いているように見え、思わず見とれてしまいます。
AC7C69C5-B3A9-49E0-8ABC-D6ABA3F2840A
紅葉もいいですが、こういうのも情緒がありますね。
D3E1BFBD-650C-4492-9EDE-688B917F7C27

四合稲荷はお気に入りの場所です。
604340C3-C72F-4647-AEE7-F3C30930E484
名前もいいのですが、なんというかとても落ち着くというか。
887F361C-1CE5-4A57-9815-C15D5B84CA2C

ただ、あまり手入れが行き届いていないようなので少し綺麗にしていただけるとありがたいです。

■山王日枝神社

駅まで戻ってそこからすぐ。
ここは夏以来です。
今回は少しエスカレーターで楽をしてしまいました。
ただ、エスカレーターから赤坂の街をみると、ここが神社なのが不思議な感じで楽しかったですよ。
こちらは七五三の家族がたくさんいらっしゃいました。
手水舎では外国の方とガイドさんが。
ガイドさんの説明を受けて、手を清める様がとても微笑ましかったです。
少し並んで参拝し、御朱印をいただきました。
ここは御朱印をいただける場所が別に構えられているので、スムーズにいただくことができます。
ちなみに初穂料は500円。
自分で前回書いておいて忘れていたのですが、こちらでは御朱印と一緒にしおりをいただけるのです。
今回は狛犬ならぬ神猿様を撮れました。
27ADAB47-9EFA-4E34-ACB3-7E5BDE95F179
八坂神社・猿田彦神社と山王稲荷神社にもお参り。
F3C0F7EB-06D2-4436-B7BE-F75996D575EB
こちらに「御眷属奉納」の狐人形が沢山並んでいました。か、可愛い...。
そばに狛犬さんもいましたよ。
B0723E71-A535-431F-94ED-17004A943BB4

夜は久々に地元の友達と飲みました。
それぞれの仕事もあってなかなか集まる機会も少なくなってしまっていますが、
ずっと変わらずに楽しい仲間です。

今日は身も心もリフレッシュできた幸せな休日でした。

重要書類。

仕事から帰ったら、荷物が届いておりました。
初めて“薄い本”を買ったのです。
いや、なにもいかがわしいものではありません。

C6068528-3DDE-4CDD-B3D5-03002824344B
前々からすごく気になっていて、
やっと購入できた安倍吉俊さんの「飛び込め!!沼」です。
もともと安倍さんのABlogを読んでいて、Flickrもフォローさせていただいたりしていたのですが、とてもSIGMA愛に溢れる方です。

しかも同時にSIGMAより新しいSEINが届いたという奇跡のようなタイミングに、一人で興奮してしまいました。
SEINは今後ネット刊行と年鑑という体制に変わっていくようで、少し寂しい気もします。
F8B1D3DA-EC2E-43C0-8F4E-92F394204BA4
今回は特別版だったようですね。

さて、早速「飛び込め!!沼」を読んでみました。
......これは本当に面白いです。
なんというか、C社やN社ほど一般的な知名度SIGMA。当然まわりにユーザーが少ないのですよ。
その中で「SIGMAのカメラって、色々ダメなところはあるけれど、そんなのもひっくるめて“SIGMA”であって、それはとても素晴らしいんだ」と心の中で思っている。
この作品には、そんなSIGMAユーザーにはよく分かる“あるある”がたくさん散りばめられています。
誰かに言いたい、だけどわかってもらえない「SIGMAネタ」が詰まっているのです。
知らない人が読んだら、沼先輩の言葉は一見すると単なるディスりのように見えるのですが、あれは愛故の叱咤激励なのです。笑。

個人的に好きなのが、
後輩くんが初めて撮った写真をPCで見る場面。
拡大して見える、一本一本精細に描写された“脈々しい”葉脈。
植物の写真を拡大してみれば、撮影時には気付かなかったてんとう虫に出会える。
今までに見たことのないような画質に驚く後輩くんの姿はまさにFoveonセンサーの画像を初めて見た自分そのもので、はっとしました。
本当に好きな方が書いたんだなぁと感じられます。
自分で最近撮った写真にも気付きのあるものがありました。
01894329-082E-418F-B550-A4BBDD9D4C1C
手前の紙垂に虫が二匹。とても撮影時には気付きません。
改めてFoveonセンサーの凄さを感じます。

中身を上げるような無粋なことはできませんが、とても楽しい作品なのは確かです。
沼先輩の独特な表現がおかしくて、でもすごく的確でもあって、SIGMAファンとしては顔が緩みっぱなしです。

神田明神。

確か神田明神は去年の初めに友達と訪れた以来です。
8D0E3E62-1418-452F-807C-3FD03AF75B57

前回の根津神社の後に来てみました。
駅から歩いて到着。
56E53DC2-6592-4B8E-B6E8-BFF1CF1D3399
参拝をして御朱印をいただきます。
人は多めで、御朱印も番号札を渡されて少し待つほどでした。
御朱印をいただいた後は、頼まれたなまずのお守りをお受けしました。
写真を撮りそびれたまま渡してしまったのですが、とても可愛らしいお守りです。

その後は境内をぐるっと見て回りました。
0FF361F1-487E-4DA1-B52B-6CCB457015F8
提灯てどうして撮りたくなるんでしょうね。
神田明神の神紋は「流れ三つ巴」、別名「なめくじ巴」というそうです。

8989D010-E25C-491D-A5EE-033B51F0176C
きらびやかです。

ADD41572-A96B-437B-A38F-309CEF3CA6FB
こちらは普通の巴紋ですね。
諸説あるようですが、一説には水が渦巻く様に見えることから火災除けのシンボルとして用いられていたのだそうです。
この石碑は「御防講巴纏記念碑」。
「御防講」というのは神田明神が天災や火災などにみまわれた際に、警護を担った名誉職を指すのだそうですよ。
なんだかかっこいいですね。

ED6927B8-5314-4857-B29D-50D7A5A19C75

05491D8D-4E02-4D10-AE55-55CCC4670F0B
だいこく様にえびす様。特に大きなだいこく様はとてもご利益がありそうです。

0F7B5C32-7072-41F4-B7A7-115A88565CE7
詳しくないのでわからないのですが、何かとコラボしていたようです。
グッズも販売されていましたね。

境内の中に休憩所があるからか、飲み物を飲みながら歩いている方も見受けられました。
なんというか、厳かな感じではなく、もっと親しみやすい神社なのでしょうね。
独特な雰囲気を感じました。

02975C63-3DCD-4721-8946-E6002D9F840D

始まりの根津神社へ。

FB9AEAC8-04E3-440A-A940-811DBD9D1B2B

電車にてやってきた根津神社
今年4度目です。
今日は参拝だけでなく、もう一つ目的がありまして。
今年だけで結構な神社へ参拝をしに行っているのですが、せっかく参拝するのですから御朱印もいただこうと今更思い立ちました。
それに際して御朱印帳が必要となります。
今はネットでも手に入れることができるのですが、それなら思い入れのある神社のものがいいと思い、ここ根津神社に参ったわけです。
初めに参拝に訪れたタイミングでちょっとプライベートでゴタゴタがありまして、それも落ち着いたのでそのお礼も兼ねて。

何は無くともまずは参拝から。
E432800C-29A0-461E-9D99-0F23D26DE9F2

その後、御朱印帳と最初の御朱印帳をいただきました。
写真は撮っていないのでそのうちに撮ろう。
緑の渋い感じ。
私が待っている時に数人の方が御朱印をいただきに来ていました。

その後はゆっくり散策。
081A13C4-886F-455D-8CC3-EAF0EA79BE9C

DD9A44C3-EEE1-4AFF-8B3C-0B2FAB909D9F
灯篭一つにも細かい意匠が。
こういうのって注意して見ないと見落としがちですが、良いものですよね。
やはりいつ来ても新しい発見があります。
今回は中望遠を使ったので、殊更少し違う視点で見ることができました。

785501AC-5941-494F-A1D8-19F2640582B8

今まであまり気にしなかったのですが、根津神社には「卍」があります。
卍っていうと、お寺などのイメージがあるのですがどうしてなのでしょう。
少し調べたところ、根津神社根津権現社と呼ばれていたのだそう。
権現様といえば「神仏が権(仮)の姿で現れる」という仏教の考え方からくるもの。
元は仏教寄りの神社だったんですね。
明治維新神仏分離で半ば強制的に今の根津神社となったようです。
※後日また訪れた際に、白山神社から歩いて行ってみたのですが根津神社の周りはお寺がたくさんありました。

BE343F16-1877-476D-A70A-28AB5705615C
ひっくり返すとハートマークに見える。

A899B280-BFD2-4AA1-8239-073B3D44CA50

81DE3540-C690-4AEB-8AC4-4EBB2CB2FFD5


ちゃんと定番の写真も撮りました。
BE65ABC9-6028-45BD-A01C-D6F291672FBA

9C3E8077-32DC-48A4-8CC7-0F1204943E70
鳥居ってやっぱり魅力的。
これを潜るために来てると言っても過言ではありません。

乙女稲荷神社。
8914D774-ACCB-4329-99C9-7D3584E75509

A140AA51-F07B-499F-B62E-86F974D98400
肝心の場所がいつも薄暗いので写真が撮りにくいのが玉に瑕。

鳩が歩いてました。
木陰からこっそり。
CA309E51-82C1-4050-BF5B-3877BF4A3A91


ゆったりとした時間が流れる根津神社を後にします。
今日は時間があったので、この後別の場所にも寄ることにしました。

再び赤坂周辺に行ってみた。

6FA9D57D-C5E1-419E-9E23-24471AD37A9C
夏に一度訪れた乃木神社も含めて、再度ゆっくり訪問してきました。

午後一から電車に揺られて乃木坂へ。
今度は出口を間違えず、1番出口から出てすぐ乃木神社へ到着です。
何は無くともまずは参拝。
今回はゆっくり見て回りました。
80493BCF-5C61-4E8D-959F-EE1231653777

A22EE6E9-B8E1-4171-A561-23CFE73416E8

4EBBC631-1BEC-410C-8EB2-6E9A0E0902B9

前回は入らなかった場所にも入ってみました。
6EBEAA9E-3F9A-4475-AC6C-95276A829D35

3E5481F0-3B26-4F72-A920-7A0A6720A2F7

713EBF27-3E02-457F-B0A2-4E9FD4FCA264

912A69CA-1C05-4147-8404-7B905A210FD7

本当に静かで、心が落ち着く場所です。

前回気がつかなかったのですが旧乃木邸は 窓の外に通路があって、室内を見ることができました。
BCC993D8-3F38-48CB-9ED5-324E412A3C11
乃木静子夫人の部屋がありそこに本人の写真が飾られていたのですが、その写真の下に自刃の当日の朝に撮られたと書いてありました。なんとも言えない表情が印象的でした。

今回も自分用にお守りと、来年結婚する兄弟へのよりそい守りをお受けしました。
自分用によりそい守りをお受けできる日は来るのでしょうか。

その後、次なる目的地へ。
途中でミッドタウンへ寄り道。
EB037877-1469-4C28-ABDB-3D84D294ABBC
ここの1階にはフジフイルムが入っています。
Xシリーズのタッチ&トライや、簡単なレクチャー、それに化粧品販売や写真展も開かれるようです。
今日も写真展が開かれていましたので、じっくりと見てきました。写真展っていうもの自体、行くのは初めてかもしれません。
並べられた美しい写真達にしばし時間を忘れて見入ってしました。
中でも小松ひとみさんの「みちのく色語り」はとても感動しました。
美しい色が映える写真のタイトルに、その写真で表現された日本の色の名前が入っています。
なんというか、色語りというテーマそのものの写真にはとても説得力を感じました。素晴らしい体験です。しかも無料なんて、幸せです。
他にはすごい数の古いカメラが展示してあったり、とても楽しい空間でした。
2階のサービスセンターにも立ち寄りました。
お目当のレンズフードも購入できました。

そして今日の目的であった赤坂氷川神社に向かいます。
赤坂の街は急な坂道がとても多いのですね。
途中、檜町公園なんかもありました。
D7810937-BFC5-479E-BF91-8F80F6D7E6A5

坂道を下ったり上がったりと少し歩いてたどり着いた赤坂氷川神社
0EC93FA0-3AE7-40F9-A139-CB53E058F925

7A360DAD-7910-4C3C-9D85-3DBDD11A9A59
参拝し、お守りをお受けして散策。
きらびやかな御神輿がありました。
0CBA7768-B50F-4369-8DC0-644629148A88

思っていたより広くてびっくり。
緑も多く、とても気持ちのいい場所です。
36640D9F-4287-4027-A33B-17BBEB59AB72

367A8CA9-4D02-4BC2-9543-6C0F60C4F553
りっぱな大イチョウはパワースポットですね。
915DA01C-4F81-4B60-9F4F-20909CD78DEF
近くに行くとかなり迫力があります。

そしてお稲荷様好きとしては外せない四合稲荷。
3C0B1642-BD95-45A1-8F57-9C829E56C54A
参拝すると大きな提灯が目に入ります。
75300EEA-03C5-47A7-AC20-103E6423D6B7

B44BDCB5-0281-4C7E-A831-C37C36AC5E07
狐さん達も凛々しいです。
103E6865-F5FE-4DDE-8265-51B42588155D

こんなところにも。
9B369E7C-6B72-4F65-B1B1-16E6935E777E

こちらは西行稲荷。小狐さんかな。
E044100C-1187-49BF-80D9-5DE1BB5B37AE

蔵のようなものがありました。
B6E46E18-B9C9-4AEB-85D1-8B6ECBC66390

帰りもまた坂道です。疲れより楽しい方が勝っているのですが。
2139333E-2E96-4CFB-96B5-4800B2A8B393

赤坂駅まで歩いて帰路につく、はずが少し遠回りで湯島天神へ寄ってみました。

80A45DB3-8296-484E-8D42-87FA21A875CE

675ABF33-8FB4-4D55-8446-02771C574F16
結構賑わっていますね。

4DA83AC4-290F-433A-9693-851B2835A4AA

41032400-AA24-4DE8-8A2C-06AF158E75C7

6F9A5E84-7E45-4CB3-A8F9-EFB97F1F0B12

学業の神様が祀られていることもあって学生らしき方がたくさん見受けられました。

そして今度こそ帰路へつきます。
そうそう、今日は中秋の名月だそうで。
帰り道から綺麗なお月様を見ることができました。良い休日でした。
5AB9E9D4-55F4-4B85-9A61-0123E9358654

長瀞へ行ってみる。

IMG_8917

休みの日、ふと思い立って長瀞まで行ってきました。
思ったより近い。
どこかに出かけたら恒例になっている神社へ。
今回は寳登山神社です。

IMG_8915
綺麗な白い鳥居。

IMG_8924
きらびやかな拝殿ですね。

DSCF4340
IMG_8920
装飾が綺麗でした。

そこから長瀞駅へ行き、その先の岩畳まで行ってみることに。
途中、お蕎麦をいただきました。
DSCF4354
IMG_8921

岩畳。
IMG_8918
IMG_8923

日が傾いてきていましたが、ライン下りはまだお客さんがいました。
IMG_8916

そして明るいうちに帰宅。
意外と近くていいところですね。
今回は思い立って午後から出かけたのでだいぶ駆け足でした。今度はゆっくり行ってみたいものです。

ある夜。

コンビニで猫に会う。

DSCF4300
なにかくれるのか?



失礼して撮らせてもらう。



DSCF4298
なにもないくれならかえれ!

あ、どうもすみませんでした( ;´ ▽ ` )ノ