JOKER。

何かと話題の作品。

ジョーカー大好きな私としては観ないわけにはいかない...。
早く観たい気持ちが膨らむ中で4日の公開を迎え、
残念ながら仕事でなかなか観に行けずに期待だけが膨らんでいくばかり。
御覧になった方々のレビューを読みたい気持ちをググッと堪えつつ、それを超えて入ってくる好評にますます観たい気持ちに拍車がかかります。

休みの前日。
我慢できずにレイトショーへと雨の中車を走らせました。
長い予告編を乗り越えた後、
ワーナーのロゴが出てすぐに本編が始まります。

本編終了後、あまりの衝撃に嬉しいとか悲しいとか色々な感情が頭の中でぐるぐるして、しばらく呆然としてしまいました。
結果的に自身が抱いていた大きすぎる期待や、不安は良い意味で裏切られました。
素晴らしい。


以下、ネタバレっぽい感想。


既存の“ジョーカー像”はこの映画にありませんでした。
[自身に障害を抱えながらも母を介護しながら二人で慎ましく暮らすアーサー。
彼は「あなたの笑顔が皆を笑わせる」という言葉を受け、ピエロのバイトをしながらコメディアンを目指していた]
そんな触れ込みを耳にしながら鑑賞し始めたのですが、何か違和感を覚えました。
善人であるアーサーが、犯罪界の道化王子たるジョーカーへの変貌していく様がもっとはっきりと描かれているのかと思っていたのです。
しかしアーサーはどこか不自然であり、善人どころか危うさを感じさせるほどの人物。
物語が進み、ある事実によってその違和感の正体がわかりました。
同時にそこで主演であるホアキン・フェニックスの演技が想像を超えたものだったとも気付いたのです。

殺人を犯し、怯えるような素振りで逃げ込んだトイレで何故か踊りだすアーサー。

鏡に写った自分を見つめる姿は何かが吹っ切れたようにも見えます。

特にRock ‘N’ Roll Part 2 をバックに踊る階段のシーンは本当に痺れた。

個人的に映画史に残る名シーンなんじゃないかと思います。

ラストでボンネットの上で立ち上がり、踊って見せるジョーカー。
そしてそのあと血で笑顔のメイクをするシーンにはなぜか涙が出そうになりました。
いや、泣きました。

一つ気になっているのですが、絶望のどん底でマレーのショーに出演のオファーが来たとき、彼は自殺を仄めかすようなパフォーマンスの練習をしていました。
楽屋でも同じように拳銃を自分に向ける仕草を見せます。
そしてショーの最中に目に留まったノートの一文。
“I hope my death makes more cents than my life.(この人生以上に硬貨(高価)な死を)”
冒頭に出てきた言葉。
しかし彼は同じようで違うジョークを選び、そこから殺人の自白をし、挙句マレーを射殺してしまいます。
これはどういうことなのか、答えが出ませんでした。
死というのは自分ではなくて、自分を貶めた者へのものだということでしょうか。

既存のジョーカー像は無いと冒頭で書いたのですが、今まで映像化されてきたジョーカーはそれぞれ個性を持ちながらも一貫して「バットマンの宿敵」としてのキャラクターを保ったものでした。
しかし今作のジョーカーはそのどれとも違う、ましてやバットマンなどまだ存在しない時代の人物として創られています。
逆にそれが単なるコミックのキャラクターであるというイメージを壊し、果てしないリアリティを伴って私たちに強烈な印象を与える今回のジョーカーを実現させたのだと感じました。
人生は主観、笑えるか笑えないかは自分次第。
人を笑顔にしたい、ただそれだけなのに仕事を失い、誰にも気に掛けられず、憧れの存在には貶められ、挙句自分自身は全て偽りだったことに気付く。
なのに絶望の中で犯した罪によって世間の注目を集めることになるなんて、喜劇と言わずしてなんというのか。
狂っていないけど、狂っている。
この映画には確かにジョーカーが存在しています。


その他思ったこと。
・この映画には前半と後半で対比となるようなシーンがたくさん用いられています。
アーサーの心境、そして周りの環境の変化によって同じようなシーンが全く違った見え方になってきます。
その微妙な変化を具に演じられているホアキン・フェニックスは本当に凄まじい。

・ジョーカーの生い立ちについての件は、本当にうまく描かれています。
既存のジョーカーのイメージを壊しつつも、ちゃんとミステリアスな部分は残してくれた感じ。
「僕は存在しているのだろうか」
「だけど僕はいる」
「世間は気付き始めている」

・アーサーは道を踏み外さなければ善人として生きられたのか。
私の答えはNO。
確かに世間に疎まれ、蔑まれ、絶望の底に叩き落とされてジョーカーとなってしまう様は描かれていますが、仮に彼が認められ、愛情や優しさを受けられていたとして、必ずしもジョーカーにならなかったとは言えないと思うのです。
だって、最初からアーサー・フレックなんてかわいそうで心優しい男は存在していなかったのですから。
彼は絶望の中で壊れたのではなく、絶望によって本当の自分が解き放たれたのだと思います。
凶行は側から見れば上記を逸していますが
言葉通り失うものや恥じることがなくなった人間にとって、普通に考えて、行動したこと。
狂っているわけではないというのが一番恐ろしい。

・批判について
ヴィランはヒーローと対比して魅力を引き出すキャラクターであり、
近年流行りのヴィランが主役の映画は概ねダークヒーロー的な描かれ方をしています。
しかしこの映画の主役となるジョーカーは決してヒロイックに描かれていません。
海外では「暴力を正当化している」「過激な行動を美化している」というような批判が出ていますが、
私にはとてもそれが理解できません。
作中のジョーカーは民衆を煽動するようなことはせず、英雄どころか不満を持つ人々に本人の意識しないところで祭り上げられた哀れな道化のようにすら感じました。

・ペニー(ワイズ、IT)やらポゴ(ジョン・ウェイン・ゲイシーの別名)やら、有名なピエロを連想させる名前はわざとでしょうか。

一人の男が闇に堕ちていくというシンプルなプロットにもかかわらずここまで人によって受け取り方が違う映画というのも面白いですね。
パンフレットも無事手に入れられて良かった。
またそのパンフレットの内容が結構濃くて良いんですよね。
結局3回劇場に足を運びました。
正直それでも足りないくらいです。

ネットには様々な感想、考察が出回っていますが、
実際に観ると必ずしもそれらと同じ感じ方ではないはずです。
是非劇場にて自分で観て確認して欲しいです。

猛暑の谷根千。

台風一過で澄んだ空。
立っているだけで汗が滲む陽気の中出かけてきました。

先日、最近ハマっている“にゃんぞぬデシ”さんがYouTubeのチャンネルの中で訪れていた谷中銀座へ行ってきました。
千駄木で下車し、少し歩いて谷中銀座
ちょっと尋常じゃない暑さだったのでさらっと。
※夕焼けだんだんへ向かう方向で進んでおります。


メンチカツを見ているメンさん。


福にゃん焼きの招き屋さん。
このゆるい表情が可愛いですね。

この日の夜に友人の誕生会に参加する予定だったので、なにか良いものがあればと思っていたのですが結構おやすみのお店が多くてあまり見られませんでした。
というか暑すぎてそれどころではない。

そしてあっという間に夕焼けだんだん。

あれだ、もっと涼しくなってから来るべきだ。

そこからお寺の方に逸れて下ってみたのですが、流石に暑すぎたのか猫様に出会うことができませんでした。

なんだか行列しているかき氷屋さんを横目に歩いていくと公園があったので一休み。
へんな建物がありましたが岡倉天心記念公園というらしいです。

あんまり散策する元気が無くなってしまったので、根津神社に寄って帰ることにしました。

とても良い天気、こんな日に休みなのは久しぶりです。
参拝をして、御朱印をいただきます。

今日はそんなに混んでいませんでしたのでゆっくりできました。

定番の狛犬なめの社殿。

そういえば狛犬さんをこんな感じで撮ったことは無かったかも。

改めて見ると迫力ありますね。


強い日差しが降り注ぐ中、日陰はかなり助かります。
緑が多いので所々ある日陰で休めます。


無人の千本鳥居も良いですが、いつも撮っているので
たまには動きがある写真も良いですね。


乙女稲荷はいつも日陰。
奥の穴が板で塞がれていたのは何故だろう。

今日はググッと寄って撮ることが多い。

個人的に好きな駒込稲荷。

こちらはいつも誰も居ないのでゆっくりと参拝することができます。

この色も綺麗で好きなんです。

モデル歩きみたいな鳩さん。

来るたび鳩撮ってる気がする。人馴れしてるんですよね。


この塀って意外とオシャレですよね。ボケてて見にくいですけど。

これも定番の写真。

いっつも逆サイドから撮ろうと思うのですが、この角度で乙女稲荷がなんだか輝いて見えるので撮ってしまう。

乙女稲荷の入り口?


手水舎ってまじまじ撮ったことなかったかも。

鳩が溶けてる。

提灯がこんなに並んでいるのは初めて見ました。

帰りにまたお蕎麦を食べて帰ろうかと思ったのですが、混んでいて断念しました。

KIMONO。

本当に残暑が厳しいですね。
早く涼しくなってほしいです。

さて、今回は新しいレンズの試写も兼ねていました。
TAMRON SP 45mm F/1.8 Di VC USD。
TAMRON製のレンズって古い高倍率ズームしか使ったことがありませんでしたので、正直そんなに良いイメージはなかったのですが、
今回このレンズを見つけた時にとても興味を惹かれました。
Dfを買ってからほぼ50mmしか使っていません。
それだけこの画角に慣れてきているということでしょうか。
お陰でズームレンズは手放してしまいました。
フルサイズだとそれなりのクオリティを求めてしまうんですよね。そうすると必然的に凡庸なズームレンズの出番は少なくなります。
まぁまた買おうとは思っているんですが、もう少し良くて長いやつを。
ということで、常用レンズが単焦のみとなり、
歩止まり重視の便利なレンズというのは無くなりました。
そんな時に出会ったのがこのSP 45mm F/1.8 Di VC USDです。
50mmより少しだけ広い画角にf1.8の明るさ、そして手振れ補正付きというのはとってもちょうど良いのではないかと思ったのです。
同じラインの35mmが良い評価なので、それに隠れてあまりレビュー自体が多くないレンズだったので少し不安もありましたが今回実際に撮ってみて、期待をしていた通りのレンズで安心しました。
最新ラインのレンズだけあってコントラストが高く、ヌケも良い。
上の鳥居の写真は歩きながら撮ったのですが、手振れ補正もしっかり効いています。
解像感はSIGMAと違って柔らかい雰囲気ですが、逆にDfには合っているかもしれません。
ボケもとてもなだらかです。
そして個人的に一番良かったのが、29cmという最短撮影距離。
一歩踏み込めるのは体感的にとても違います。
f1.8でも寄れれば大きく背景をボカすこともできますしね。
尖った性能はありませんが、痒いところに手が届くような、とても燻し銀なレンズです。
これが3万円ちょっとで手に入るなんてちょっと驚きです。
それにしても、45mm〜50mm〜60mmという同じような焦点距離ばかりのレンズラインナップになってしまいちょっと困っています。笑。

久しぶりに赤坂氷川神社。

乃木神社に来たらそのままいつものコースです。
赤坂氷川神社に向かいます。

途中、ミッドタウンのFUJIFILM SQUARE内の富士フイルムフォトサロンに寄り道。
今回は喜多 規子さんの写真展「MOMENT」が開催されていました。

自然の中の様々な環境での最高の瞬間を切り取ったという写真はどれも綺麗で感動的。
特にこの夏の情景はとても印象に残りました。

続きを読む

久々に乃木神社。

ちょっと赤坂にやってきました。
まずは乃木神社に伺います。

振り返ると去年の11月に伺って以来でした。
今年初ですね。

続きを読む

ヤマサ。


歩くとか言っておいて、やって来たのは観音駅
以前から一度乗ってみたいなぁと思っていました、銚子電鉄
さぁ乗ろうと思ったのですが、ちょうど出て行くのが見えました。
時刻表見たら次の電車は一時間後。
結局歩くことにしました。

続きを読む

馬橋稲荷神社へ行ってみる。

阿佐ヶ谷神明宮より歩いて10分くらいにある馬橋稲荷神社へ伺いました。
稲荷神社好きとしては気になる場所です。
なかなか綺麗な場所だそうで、結構期待してました。

続きを読む

阿佐ヶ谷神明宮へ再訪。

やっと梅雨が明けましたが、かなり気温が高い。
外に出るだけで汗が滲む暑さでしたが、負けずに神社へ出かけます。

今回やってきたのは杉並区にある阿佐ヶ谷神明宮
伊勢神宮と所縁のある神社だそうです。

続きを読む

多摩川浅間神社。

丸子山王日枝神社を後にして、少し歩きます。
陽射しが強いので、かなりの暑さ。

サクッと徒歩で神奈川県から東京へ入ります。

この丸子橋の上が県境になっています。

続きを読む