令和元日。

4月最終日はなんだか謎の年末感が漂う中、
日付が変わって今度は新年感。

令和になって最初の日。
前にも行った日本橋からのクルーズに参加してきました。
前日までの予報は雨。
なんとか曇りで持ちそうかな、と不安半分に行ってみました。

三越前に出るとびっくりするくらい晴れてました。

予報をこれでもかとひっくり返して晴れてしまうなんて、令和はとても幸先の良いスタートですね。




時間までの待ち時間に乗り場周辺をふらふら。


橋を描いているんでしょうか。


なんだか段々と日差しが強くなってきている気が。
ハイライトが結構粘ってくれたの図。


うーん、凛々しい。
前回来た時は18-35mm F1.8 DC HSMで撮ってました。割と広めのレンズだったのでこういうのが撮れなかったんですよね。
今回は17-70mm F2.8-4 DC MACRO OS HSMで。
非常に軽くて(SIGMA比)思っていたよりよく写ります。

時間になり、乗船。

こんな船。
前回と同じですが、イスこんなんだったかな?

日向は暑いくらいでしたが、船の上は快適でした。

今回は神田川クルーズです。

こんなコース。


こういう情報量の多い場面を撮りたくなる。


青空と塔が綺麗にビルに写っています。
肝心の空自体は飛びまくってますが。


高速道路に水の反射がきらきら。
肝心の空自体は(


今回ガイドさんが女性の方だったのですが、なんというかトークの勢いがすごくて全然頭に入りませんでした。
この橋はなんだっけ。


意外と橋を渡る人たちが手を振ってくれるんですよね。
ガイドさんも言ってましたが、
「観光バスには手を振らないけど、船には振ってくれる」
まさにその通りです。(ちょっと話聞いてた)


微妙なブレなのかボケなのか、写真にスピード感が出ました。


屋形船の基地みたいなところ。
休憩所的な感じなのか、洗濯物っぽいものが干してあったりちょっとした生活感のようなものを感じる不思議な場所でした。


乗り物欲張りセット。
激しく傾いているのは近くの2隻の船の起こした波のせいです。
手ぶれ補正の恩恵を感じた一枚。


おなじみスカイツリー
オリンピックの影響なのか、この辺りの橋は工事中の場所が多かったです。


後半は曇りだったのとほぼ前回通ったところだったのであまり写真は撮りませんでした。

さらっと書いてますが、実際90分たっぷりじっくりと堪能できますし、見所もたくさんあります。
橋のストーリーとか聞けたり、橋の裏側に空襲の痕が残っていたり。
個人的にはこっちの方が楽しめました。

帰りに福徳神社に参拝して御朱印をいただこうと目論んでいましたが、想像通りの混雑で諦めました。
みんな欲しいんでしょうね、令和初日の御朱印

家に帰る頃には雨が降り出していました。
ほんと、いい天気で楽しめてラッキーでした。