神楽坂 カメラ散歩。

今回は神社メインではなく、写真をメインに出かけたいなぁと思いまして。
去年少しだけ行った神楽坂へ、改めて行ってきました。
前回来た時はほぼメインストリートしか歩かなかったので、今回は“神楽坂らしい”写真が撮れそうな路地裏をクローズアップ。
DSCF1821

「〇〇が綺麗だよ」
というような情報がネットでたくさん出てくるのですが、気ままに散策する方が楽しそうだと思ったのでかなり適当に歩きました。
DSCF1826

DSCF1828
人が少ない午前中に行ったのですが、いざ歩くと準備をしているお店がたくさんあり、結構忙しそうでした。

フラフラしているといつのまにか「かくれんぼ横丁」に迷い込んでいました。
DSCF1825
名前の由来通りというか、確かにここに入られてしまったら見失ってしまいそうです。
DSCF1836
江戸情緒溢れる建物と石畳の道は、どこを切り取っても絵になってしまうからズルい。

計画も何もなくただ歩いてみながら気になったところを撮っていたので、どこがどこなのか全然わからないのですが、それでいいんです。
DSCF1830
それがめちゃくちゃ楽しいのです。

DSCF1831

ただノープランすぎて行き止まりに何度も迷い込みました。それも含めて楽しいから仕方ありません。

DSCF1840
善國寺が見えたので一度メインの通りに出てみたのですが、またすぐに路地裏へ。

DSCF1839

DSCF1841
茶店や、雑貨店などの隠れ家的雰囲気もたまりません。
DSCF1843

で、せっかく神楽坂まで来たのですから、行かないわけには行きません。
というか最初から行こうと思ってました。
結局いつものように神社へ伺います。

赤城神社

やってきました、赤城神社
DSCF1844

DSCF1853

こちらはお洒落な神社として人気の場所ですね。
カフェやマンションが併設されているなんて、すごい場所です。
DSCF1850
歴史的文化と現代的文化が境目なく存在しているなんてなんて素敵なんでしょうか。

ガラス張りの綺麗な拝殿でまずは参拝。
DSCF1846

御朱印をいただきました。

初穂料は300円です。
この三十の書き方好きです。
書いていただいている間にお守りを見ていたのですが、鬼太郎のちゃんちゃんこと目玉のおやじのお守りがあってすごい惹かれました。

こちらの狛犬は白山狛犬と呼ばれるタイプのようです。
DSCF1847
頭の形がスフィンクスっぽくて面白いです。
デフォルメされたような姿ですが、堂々と胸を張っていて凛々しい印象です。

今回の提灯はドアップで。
DSCF1848

拝殿に向かって左には蛍雪天神。
DSCF1851
菅原道真公が御祭神として祀られた、その名の通り学問の神様です。

そして北参道の方に赤城出世稲荷神社があります。
DSCF1854

北参道は少し長めの石段になっております。
DSCF1855
今年は夏に愛宕神社へも伺いましたが、出世を祈願するにはやはり多少の苦労をしなければならないようですね。
DSCF1858

その後、通りへ戻ります。
人が増えてきました。
DSCF1862

コボちゃん
DSCF1861

また路地裏をフラフラしながら。
DSCF1863

写真屋さんの看板がいい味を出しております。
DSCF1864

お地蔵さんの看板が可愛いおせんべい屋さん。
DSCF1865
メインの通りはいろんなお店があって楽しいですね。

中でも気になったのが五十番さん。
DSCF1869
有名な肉まんの専門店だそうですね。

店内のショーケースには沢山の種類の肉まんが並んでいました。
DSCF1866

一つ一つがまるでメロンパンみたいな大きさだったので、今回は手頃なサイズのミニ肉まんをいただきました。(それでも普通に販売されている肉まんくらいの大きさですが)
DSCF1868
ふわふわでモチモチの皮に包まれたジューシーなお肉、本当に美味しい肉まんです。
安くはない値段ですが、それでも食べる価値は十分にありますね。
今度来た時は普通サイズを食べよう。

お腹を軽く満たしたら、また少し路地裏探索をして帰りました。
DSCF1872

DSCF1871
看板がお洒落でいちいち撮ってしまう。

写真スポットとして有名な神楽坂。
確かにカメラを持っていくには最高のスポットです。
しかし実際に歩いてみるとそれ以上に街並みや雰囲気を楽しめる良い場所だと感じました。