新小岩香取神社に行ってみる。

DP3Q0089

暖かく晴れた休日。
午後にふらっと新小岩香取神社へ参拝に行ってきました。
小さい頃から何度か来たことのある神社でしたが、
改めてゆっくり来てみたかった場所です。

新小岩厄除(間々井)香取神社は、經津主命(ふつぬしのみこと)を祀り、元和三年(1617年)に再建された、ご神徳の多い、有り難い神社です。 当時、当地には16軒の農家しかなく、その小松川16軒農家が当神社を創立したと言われています。”
(HPより抜粋)
歴史ある神社ですね。

DSC00859 (2)

御朱印をいただきました。

道ヶ嶋とありますが、この場所はその昔武蔵国駿河台と下総国国府台を結ぶ船路の目安としての小島で、そう呼ばれていたそうです。

境内はそこまで広くはありませんが、たくさん見所があります。

DP3Q0084
この神社は代々亀井さんによって受け継がれているそうです。

DP3Q0085
わさわさしているものもしっかり描写してくれるdp3Q。こんな感じの写真が個人的に好き。

道祖神猿田彦の命を祀られています。
DP3Q0088
わさわさその2。適当に撮っているだけなのに立体感が出てしまうFoveonが好き。

鷲神社。別名、大鳥神社
祭神はヤマトタケルノミコト
DP3Q0092
生々しい古い木の質感。
この感じって多分他のカメラではなかなか出せないと思います。


DP3Q0098
拝殿の飾りをクローズアップ。

DP3Q0097
廻廊はレトロな雰囲気。

DP3Q0101
なんとなく撮りたくなるものばかり。

大雷神様。
DSC00867
関係ありませんが雷神様と聞くと、先日観たばかりのマイティ・ソーを思い出します。


DSC00868
“鏝は左官の生命であり二千余年の永きにわたり左官と共に歩んで古代より現代に至る建築並びに左官工事に大いなる貢献をしてまいりました。
伝統ある「鏝」技能を伝承した江戸川区左官同業者の発起により東京都左官連合会会員一同が「鏝」の労を労い、感謝の意を表するためにここに鏝塚を建立した次第であります”
(HPより抜粋)
鏝(コテ)の塚なんて珍しいですね。


DP3Q0104

DP3Q0106

稲荷神社もあります。
別名、アリマイナリ。祭神はトヨウケヒメノミコト。
DP3Q0107
小さい狐さんがめちゃくちゃ可愛かったです。

こちらの神社には神鹿がいます。
何度か訪れる中でも数回しか見たことがありません。

DSC00871
こんな柵の向こうにいるのですが今日はどうでしょうか。

DSC00865

あ、居ました。
どうやら日向でゆっくりしている様子。
参拝の方が鳴らした鈴に反応してこちらには向いてくれるものの、動く気配はありません。

DSC00864


今回RX100を持って行ったのですがかなり活躍してくれました。
dp3Qでは撮れない広角から、あと一歩の望遠まで。
解像感はどうやってもFoveonには敵いませんが、
荷物の陰に目立たず隠れてついてきて、それでいてオールマイティになんでも撮ることができるというRX100にしかできない仕事をしてくれます。

DSC00872

トップに載せた鈴の写真がとてもいい感じで写っていたので、結構お気に入り。
こういうのがあるからFoveonはやめられません。


余談ですが、今回初めていただいた御朱印を載せてみました。
同時に自分の中の整理も兼ねて、過去のエントリーにもそれぞれに御朱印をアップしています。
御朱印帳を見返してみると、写真があまり撮れなくて書けなかった神社もありましたね。


受験の時とかに行っていた亀戸天神
個人的にお気に入りの御朱印です。


以前に書いた波除神社の後に伺ったのですが、雨が強くなり写真を撮ることができませんでした。
厳かな雰囲気のある神社でしたね。いずれまた再訪したいです。

別に御朱印を掲載するのが目的のブログではないので、結構適当にやっておりますが、見返してみて
そこに御朱印があると改めて伺った時のことが思い出されていい感じです。