心機一転。

f:id:applekat:20160110122017j:image
 

既存のブログでは手狭になってきた為、

こちらで別にはじめることにしました。
 
 
一先ず先日(1月6日)の神田明神について改めて。
 
先生※と連絡をとっていて、ただ漠然と
「写真撮りに行こう」と誘った私。
(※小学校来のジモトモ。私がカメラを始めるきっかけをくれた人)
 
いつものように何も考えてなかった私でしたが、
毎度先生に何処かへ連れて行ってもらっているのも悪いので珍しくスポットを探しました。
翌日は互いに仕事でしたし近場で…夜に写真が撮れる場所…
 
で、見つけたのが神田明神でした。
時期的にもタイムリーですし、先生と合流して早速行ってみました。
地元からは約30分くらいで到着。
 
コインパーキングに停めていざ、
と、目の前に立ちはだかる神田明神男坂
f:id:applekat:20160109235631j:image
平日の夜にも関わらず、人が結構います。
坂を上りきるといよいよ神田明神、御社殿です。
f:id:applekat:20160109235705j:image
お仕事帰りのサラリーマンさん達や、初詣の方で想像以上に賑わっていました。
ライトアップされていて結構明るいです。
f:id:applekat:20160110000221j:image
 
装飾が豪華な感じ。
f:id:applekat:20160110000033j:image
 
日本一大きい大黒様の像なんだそうですね。
f:id:applekat:20160110000037j:image
 
確かに灯篭越しでも異様な迫力。
f:id:applekat:20160110003158j:image
 
 
参道には露店が出ていたり、お酒が飲める屋台があったりと思ったより活気がありました。
f:id:applekat:20160110000146j:image
 
賑わう隋神門前。
脇には気持ちよさそうにお酒を飲む方々が...
車じゃなければ一杯いただきたかったなぁ。
f:id:applekat:20160110000110j:image
 
ラブライバーの聖地?らしく、
こんな感じの“痛絵馬”がたくさんありました。
f:id:applekat:20160110000404j:image
 
どれも洒落がきいてて面白いですね。
というか、即興でこういうのが描けるというのが素直にすごい。
f:id:applekat:20160110000331j:image
 
ゆるキャラも居ました。
江戸っ子「みこしー」だそうです。
動くときは下半身がリアルになるんだろうなぁ笑。
f:id:applekat:20160110000448j:image
 
やっぱりこういうところはフォトジェニックですね。
どこにカメラ向けても絵になるというか。
提燈等もうたまらんですね。
f:id:applekat:20160110000510j:image
 
f:id:applekat:20160110000609j:image
 
f:id:applekat:20160110000837j:image
 
f:id:applekat:20160110001223j:image
 
 
f:id:applekat:20160110001245j:image
 
高感度ではさすがにノイジーな感じですがブログサイズなら見られないこともないです。
 
鳥居に寄って。
f:id:applekat:20160110001030j:image
色違いすぎ笑。
f:id:applekat:20160110001100j:image
 
とりあえず撮っておきたい場面なら使えそう。
クオリティはともかくとして大抵のものはこれで撮れますね。
撮れるということが大事です。
 
なんて、夢中になっていたらいつの間にやら1時間ほど経過しており...。
コインパーキングの金額も跳ね上がっていました
 
なかなかこういう機会ってないですので楽しかったです。
1人では臆するような場面でも、一緒に写真を楽しめる人がいれば心おきなく撮影が出来ますしね。
先生つきあってもらってありがとうございました!